【ペット保険を徹底比較!】楽天ペット保険vsアニコム コーギー編 | モコペットブリーダー

BREEDER

モコペットブリーダーコラム

ペット保険 比較
2021.03.23

【ペット保険を徹底比較!】楽天ペット保険vsアニコム コーギー編

             

 

こんにちは!

ペット保険専門家の間です!

 

今回はコーギーについて、

人気のペット保険会社のアニコムと楽天ペット保険の2社を比較し、コーギーを飼っている飼い主さんへ、もしくはこれからコーギーを飼いたいと考えている方へオススメのペット保険を徹底検証していきたいと思います!

 

コーギーは丸いからだと短い脚がかわいくて魅力的な犬種ですね!

 

かつてはイギリスの王室でも飼われていた犬種で、今でも世界中で非常に人気の高い犬種です。

 

牧羊犬として活躍した歴史もあるコーギーは、飼い主に従順で、好奇心が旺盛で活発ですが頭が良くしっかりとしつけをしてあげることで非常に賢い飼い犬になってくれるでしょう!^^

 

そんなコーギーにオススメのペット保険について今回見ていきたいと思いますが、

 

飼い主さんによって重視するポイントが違うこともあり、それぞれのペット保険のメリット・デメリットも詳しく調べてきましたので、是非最後までご覧ください!

 

【比較結果!】楽天ペット保険vsアニコム コーギー編!

 

実際にペット保険比較ナビでアニコムと楽天ペット保険について調査してみた結果、以下のような結論になりました!

どちらがオススメなのかは、飼い主さんによって異なりますので、なるべくご自身とペットにとっての最適なペット会社とそのプランを探していきましょう!

 

 

最適な保険会社は飼い主さんが重視するポイントによって、変わってきますね!

 

ということで、より詳しく

コーギーにおいて、アニコムと楽天ペット保険のそれぞれメリット・デメリットを比較してみましょう!

 

コーギーにとってのアニコムのメリット・デメリット

 

アニコムのメリット

 

  • 利用回数による保険料の割引がある
  • 窓口清算ができるので一時負担が少ない
  • 獣医師やカウンセラーに無料相談ができる

 

 

やはり一番のメリットは、

「利用回数による保険料の割引があることです!

 

もし怪我や病気が少ない場合は通常よりも安く保険金を支払うだけでOKというメリットがあります。

 

 

以下ものように利用回数が少ないほど割引も多くなり、
多いとそれに応じて割増率も高くなります。

 

利用回数 0回 1~5回 6~19回
割増引率 10%割引 5%割引 変化なし

 

 

 

 

 

また、「窓口清算が可能」なところもポイントです。

 

ペット保険は基本的に先払いで治療費を全額負担し、

あとで必要書類を郵送して補償分のお金が帰ってくるという仕組みになります。

 

しかしアニコムの窓口清算の場合は、

事前に支給された「ペット保険証」を病院の窓口で提示するだけで、治療費から補償分を差し引いた差額を支払うだけでOKです。

 

一時的にでも高額な治療費を負担せずに済むので、飼い主さんの金銭的な負担も軽くなります。

アニコムのデメリット

  • 月額保険料は楽天ペット保険よりも高い
  • 1日の支払い額の限度がある
  • 利用回数によって割り増しがある

 

月額保険料は窓口清算が可能な分、比較的に少し高くなってしまいます。

 

月額保険料が少し高めでも利用が楽で窓口清算が可能なアニコムを選ぶか

申請に少し手間がかかっても月額負担を軽くするか、

 

どちらも一長一短なので、

お財布や時間と相談しながらになりそうですね♪

 

また、1日の支払い額の限度があり、プランの補償内だったとしても、限度額までの支払いになってしまいます。

 

例えば、

 

入院で1日40,000円の診療費がかかった場合

もし治療費70%保証のプランに加入していれば、本来なら40,000×70%=28,000円が補償してもらえることになりますが

もし1日限度額が20,000円と設定されていた場合、支払保険金は1日20,000円となります。

 

ここは要確認ですね!

 

コーギーにとっての楽天ペット保険のメリット・デメリット

 

楽天ペット保険のメリット

 

  • 満10歳と遅くからでも加入が可能
  • 比較的に月額保険料が安く、楽天ポイントが付与される
  • 獣医師への相談サービスがある

 

多くのペット保険では新規加入は7~9歳くらいまでが限度ですが、楽天ペット保険の場合は10歳まで新規加入が可能です。

 

しかし新規加入の保険料は年齢が上がるにつれて高くなり、

 

例えば、満10歳のコーギーが楽天ペット保険の「手術・入院プラン」へ加入するには4780円/月がかかることになりますので

その点では注意は必要です。

 

ですがその点を考慮しても平均寿命が12~14歳のコーギーで、10歳まで新規加入が可能な保険はありがたいですね!

 

また、比較的に月額保険料は安く、

最も安い「手術・入院プラン」へ加入した場合、2歳のコーギーであれば『1100円/月』から加入が可能です!

 

楽天ペット保険のデメリット

 

  • 窓口清算が対応していないので保険料受取には申請が必要
  • 病気の場合は待機期間が30日発生すること

 

以上の2つが

楽天ペット保険のデメリットになります。

 

一つ目に、病気に限っての場合ですが、保険対象期間がスタートしても、最初の30日に関しては適応外となる免責期間というものがあります。

 

契約後1ヶ月以内の病気は対象外なので、要注意です!

 

楽天ペット保険 免責期間

 

2つ目にこちらはまだ対応しているペット保険会社の方が少ないので、先払いで後で申請という形が通常ですが、

 

窓口清算には対応そしていないので、手間がかかることと、一度的に治療費を全額負担することで金銭的な負担がかかってしまうことはデメリットかもしれませんね。

 

コーギーにペット保険が必要な理由

 

コーギー

 

可愛らしい顔で世界中で人気のコーギーは、牧場で牛追い犬として活躍していたために非常に活発でよく運動する犬種ですが、昔からよく運動する性質があるがゆえにしっかり運動させないと肥満になってしまいやすいという傾向もあります。

 

また、よく運動する犬種に見られる脊髄や背骨に負担がかかることによる怪我や病気にも注意が必要です。

 

そんなコーギーによく見られる病気について確認しておきましょう!

 

  • 歩きたがらなかったり痛みが伴うこともある椎間板ヘルニア
  • 歩行異常が現れる股関節形成不全
  • 脊髄が麻痺していく変性性脊髄症(DM)
  • 夏場に多く見られる外耳炎
  • 発熱や食欲不振が見られるリンパ腫

 

と、運動による病気以外にも、
外耳炎やリンパ腫などのようなコーギーだからこそかかりやすい病気もあります!

 

こうした病気の治療は、悪質なものの場合は長期に渡って入院や治療、場合によっては手術も必要になります。

 

そうなると当然、
負担する治療費も高くなっていきます。

 

少しでも治療費の負担を軽くするために、やはりコーギーを飼う皆様もペット保険への加入をオススメいたします!

 

コーギーの保険金請求のシュミレーション

 

(例)

3歳のコーギーが椎間板ヘルニアで手術をした場合

 

治療費は以下の通りになりました。

(※あくまで例です。実際の金額とは異なります)

 

診察 ¥2,000
検査 ¥30,000
麻酔 ¥15,000
手術 ¥140,000
注射 ¥20,000
入院(5泊6日) ¥20,000
合計治療費 ¥227,000

 

ペット保険に入っていないと、

もし椎間板ヘルニアで手術した場合はこれだけの治療費を負担しなければならなくなります!

 

例えばもしペット保険の通院付き70%プランに加入していた場合…

 

  • 保険適用額:¥158,900
  • 自己負担額:¥68,100

 

となります。

 

アニコムだと、

「どうぶつ健保ふぁみりぃ70%プラン」

にご加入の場合

 

楽天ペット保険だと

「ずっといっしょ[もっと] 通院つき70%プラン」

にご加入の場合

 

 

またこの場合にかかる月額の費用は、

 

  • アニコム ⇒ ¥2,510
  • 楽天ペット保険 ⇒ ¥2,430

 

となります。

 

 

 

【ペット保険比較まとめ】楽天ペット保険vsアニコム(コーギー編)

 

それでは今回のまとめです!

 

 

コーギーの寿命は大体で10~12歳と言われていますが、近年では年々伸びており15歳以上に生きることも珍しくありません。

 

少しでも長くペットとの幸せな生活を送り、健康に寿命を全うしてもらうためには、少しでもかかりやすい病気の予防や早期発見による治療を心がけてあげましょう!