【ペット保険を徹底比較!】楽天ペット保険vsアニコム フレンチブルドッグ編 | モコペットブリーダー

BREEDER

モコペットブリーダーコラム

ペット保険 比較
2021.03.23

【ペット保険を徹底比較!】楽天ペット保険vsアニコム フレンチブルドッグ編

             

 

こんにちは!

ペット保険専門家の間です!

 

今回はフレンチブルドッグについて、

人気のペット保険会社のアニコムと楽天ペット保険の2社を比較し、フレンチブルドッグを飼っている飼い主さんへ、オススメを徹底検証していきたいと思います!

 

飼い主さんによって重視するポイントが違うので、

それぞれのペット保険のメリット・デメリットも詳しく調べてきましたので、是非最後までご覧ください!

 

【比較結果!】楽天ペット保険vsアニコム フレンチブルドッグ編!

 

フレンチブルドッグ

 

実際にペット保険比較ナビで柴犬をアニコムと楽天ペット保険を比較してみた結果、以下の結論になりました!

 

 

ということで、
フレンチブルドッグを飼っている飼い主さんが重視するポイントによって、最適な保険会社も変わってきますね!

 

どちらがオススメなのかは、

どんな条件が嬉しいか?によりますので、なるべくご自身とペットにとっての最適なペット会社さとそのプランを探していきましょう!

 

ということで、ここからはフレンチブルドッグにおいて、アニコムと楽天ペット保険のそれぞれにメリット・デメリットを比較してみることで、より詳しく見ていきましょう!

 

フレンチブルドッグにとってのアニコムのメリット・デメリット

 

アニコムのメリット

 

  • 窓口清算ができて治療費の負担が少ない
  • 通院・入院日数/手術回数などの利用状況による保険料の割引がある
  • 獣医師やアニコムカウンセラーにしつけや健康の相談が無料でできる

 

やはり一番のメリットは、

「窓口清算が可能」なことです!

 

ペット保険の場合、先払いで治療費を全額負担し、あとで申請書を書いて必要書類と郵送して後払い振込で補償分のお金が帰ってくるという仕組みになります。

 

しかしアニコムの窓口清算の場合は、

事前に「ペット保険証」が支給され、病院の窓口でペット保険証を提示するだけで、治療費から補償分を差し引いた差額を支払うだけでOKです。

 

一時的に高額な治療費を負担せずに済むので、飼い主さんの金銭的な負担も軽くなります。

 

利用回数が少ないと割引も多くなり、
多いとそれに応じて割増率も高くなります。

 

利用回数 0回 1~5回 6~19回
割増引率 10%割引 5%割引 変化なし

なので、もし怪我や病気が少ない場合は通常よりも安く保険金を支払うだけでOKというのがメリットになります。

 

アニコムのデメリット

  • 月額保険料は楽天ペット保険よりも高い
  • 1日の支払い限度額に制限がある
  • 利用回数によって割り増しがある

 

デメリットとしては、窓口清算が可能な分、保険料は比較的に少し高くなってしまいます。

 

なので、申請に少し手間がかかっても月額負担を軽くするか、利用が楽でも月額保険料が少し高めの窓口清算のアニコムを選ぶか

 

どちらも一長一短なので、

お財布や時間と相談しながらですね♪

 

また、「1日の支払い額の限度がある」というのは、プランの補償内だったとしても、限度額までの支払いになってしまうという意味になります。

 

例えば、以下のような例があります。

 

(例)

入院で1日40,000円の診療費がかかった場合

もし治療費70%保証のプランに加入していれば、本来なら40,000×70%=28,000円が補償してもらえることになります。

 

しかし、もし1日限度額が20,000円と設定されていた場合、支払保険金は1日20,000円となります。

 

ここは要確認ですね!

 

 

フレンチブルドッグにとっての楽天ペット保険のメリット・デメリット

 

 

楽天ペット保険のメリット

  • 比較的に月額保険料が安く、楽天ポイントが付与される
  • 満10歳と遅くからでも加入が可能
  • 獣医師への相談サービスがある

 

楽天ペット保険は保険料が最も安い「手術・入院プラン」へ加入した場合は、3歳未満のフレンチブルドッグであれば『1000円/月』を切るくらいの保険料から加入が可能です!

 

また、他社の多くのペット保険では新規加入は7~9歳くらいまでが限度ですが、楽天ペット保険の場合は10歳まで新規加入が可能です。

 

しかし年齢が上がるにつれて新規加入の保険料が高くなるので、注意は必要です。

 

参考までに、満10歳のフレンチブルドッグが楽天ペット保険の「手術・入院プラン」へ加入するには3820円/月がかかることになります。

 

フレンチブルドッグの寿命が10~14歳ということを考えても、10歳までも新規加入が可能な保険はありがたいですね!

 

 

楽天ペット保険のデメリット

 

逆に楽天ペット保険のデメリットですが、

 

  • 窓口清算が対応していないので保険料受取には申請が必要
  • 病気の場合は待機期間が30日発生すること

 

窓口清算に関してはまだ対応しているペット保険会社の方が少ないので、先払いで後で申請という形が通常ですが、手間がかかることと、一度治療費を全額負担するので、一時的にでも金銭的な負担がかかってしまうことはデメリットかもしれませんね。

 

また、病気に限っての場合ですが、

免責期間というものがあり、保険対象期間がスタートしても、最初の30日に関しては適応外となります。

 

つまり、契約後1ヶ月以内の病気は対象外なので、要注意です!

 

楽天ペット保険 免責期間

引用:楽天ペット保険 公式HPより

 

 

フレンチブルドッグにペット保険が必要な理由

 

フレンチブルドッグ

 

フレンチブルドッグは、好奇心旺盛で遊びが好きで人懐っこく、非常に人気のある犬種です。

 

しかし、食欲旺盛で太りやすかったり、のどや気管や関節が弱いため、かかりやすい病気も多いのです。

 

フレンチブルドッグがかかりやすい病気について調べてみましたが、これだけの数があります。

 

  • 椎間板ヘルニア
  • 遺伝性の排尿困難、血尿、頻尿
  • 脳腫瘍によるふらつきやけいれん
  • 食物アレルギー
  • のどの気管がつぶれてしまうことによる呼吸困難

 

こうした病気は、最悪の場合は命にかかわることでもあるので、高額な治療費が発生した場合に治療ができないというケースを防ぐために、やはりペット保険は必要ですね!

 

フレンチブルドッグの保険金請求のシュミレーション

 

それでは、もし実際にフレンチブルドッグがよくかかる病気になって入院をすることがあった場合には、どのくらいの治療費がかかり、どのくらいの保証が受けられるのでしょうか?

 

今回に比較したアニコムと楽天ペット保険の2社でそれぞれシュミレーションしてみましょう!

 

なるべく条件を同じにするため、

両社とも70%負担のコースでシュミレーションしてみました。

 

(例)椎間板ヘルニアにかかり手術と5日間の入院をした場合

 

治療費が以下のようにかかったとします。

 

通院3日 ¥55,000
入院5日 ¥10,000
手術 ¥200,000
合計 ¥265,500

 

もしペット保険に入っていなければ、
この治療費を全額をご自身で負担することになってしまいます。

 

とんでもない金額ですね…(汗)

 

ですが、もし今回のペット保険に入っていると…

 

例えば、もし通院付きの治療費70%が補償されるプランに入っていた場合…

 

  • 保険適用額:¥185,500
  • 自己負担額:¥79,500

 

となります。

 

  • アニコム
    「どうぶつ健保ふぁみりぃ70%プラン」
    にご加入の場合 ⇒ 月額¥3,230

  • 楽天ペット保険だと
    「ずっといっしょ[もっと] 通院つき70%プラン」
    にご加入の場合 ⇒ 月額¥2,790

 

【ペット保険比較まとめ】楽天ペット保険vsアニコム(フレンチブルドッグ編)

 

それでは今回のまとめになります!

 

 

となりますが、

フレンチブルドッグの特徴として、呼吸器官や肥満などストレスが影響して発症するような病気も多く、また激しい運動による椎間板ヘルニアも非常によく見られます。

 

人懐っこく人気の犬種ですが、

あまりに激しい運用による怪我や思わぬ病気に備えるため、くれぐれもペット保険には加入しておきましょう!