【ペット保険を徹底比較!】楽天ペット保険vsアニコム マルチーズ編 | モコペットブリーダー

BREEDER

モコペットブリーダーコラム

ペット保険 比較
2021.03.23

【ペット保険を徹底比較!】楽天ペット保険vsアニコム マルチーズ編

             

 

こんにちは!

ペット保険専門家の間です!

 

今回はマルチーズについて、

人気のペット保険会社のアニコムと楽天ペット保険の2社を比較し、マルチーズを飼っている飼い主さんへ、もしくはこれからマルチーズを飼いたいと考えている方へオススメのペット保険を徹底検証していきたいと思います!

 

マルチーズは白い毛と可愛らしい丸い目が魅力的な犬種ですね!

 

性格は明るく遊び好きで、甘えん坊な性格ですが、逆に寂しがりやな一面もあるので、飼い主と一緒にいたがったりします。

 

気が強いこともあるので、あまりに甘やかしているとすぐに吠えたり攻撃的になってしまうこともあるので、根気よくしつけてあげる必要もありますね!

 

そんなマルチーズにオススメのペット保険について今回見ていきたいと思いますが、

 

飼い主さんによって重視するポイントが違うこともあり、それぞれのペット保険のメリット・デメリットも詳しく調べてきましたので、是非最後までご覧ください!

 

【比較結果!】楽天ペット保険vsアニコム マルチーズ編!

 

マルチーズを飼っている飼い主さんにとって最適な保険会社というのは重視するポイントによって変わってきます。

 

実際にペット保険比較ナビでアニコムと楽天ペット保険について調査してみた結果、以下のような結論になりました!

 

 

どちらがオススメなのかは、飼い主さんによって異なります。

 

ということで、ここからは

マルチーズにおいて、アニコムと楽天ペット保険のそれぞれにメリット・デメリットを比較して、より詳しく見ていきましょう!

 

マルチーズにとってのアニコムのメリット・デメリット

 

アニコムのメリット

 

  • 窓口清算ができるので一時負担が少ない
  • 使用回数により保険料の割引がされる
  • 無料で獣医師やカウンセラーに相談ができる

 

やはり一番のメリット、そしてアニコムの特長でもあるのが

「窓口清算が可能」なことです!

 

 

通常ペット保険は、治療費を全額先払いで負担し、あとで必要書類を郵送して後払い振込で補償分のお金が変換されるという仕組みになります。

 

しかしアニコムの窓口清算の場合は、

「ペット保険証」が事前に支給され、病院の窓口でペット保険証を提示するだけで、治療費から補償分の差額を支払うだけでOKです。

 

一時的に高額な治療費を負担せずに済むので、飼い主さんの金銭的な負担も軽くなります。

 

また、以下のように利用回数が少ないと割引も多くなり、
多いとそれに応じて割増率も高くなるシステムのため、

もし怪我や病気が少ない場合は通常よりも安く保険金を支払うだけでOKというメリットもあります。

 

利用回数 0回 1~5回 6~19回
割増引率 10%割引 5%割引 変化なし

 

 

 

アニコムのデメリット

 

  • 月額保険料は少し割高になる。
  • 利用回数によって割り増しがある

 

アニコムは、窓口清算が可能で利用が手軽な分、月額保険料自体は比較的に少し高くなってしまいます。

 

なので、手間をかけても月額負担を軽くするか、月額保険料が少し高めですが利用が楽なアニコムにするか、、

 

どちらも一長一短なので、

お財布や時間と相談しながらになりそうですね♪

 

また、1日の支払い額の限度があるため、例えば、以下のような場合

プランの補償内だったとしても、限度額までの支払いになってしまいます。

 

(例)

入院で1日40,000円の診療費がかかった場合

もし治療費70%保証のプランに加入していれば、本来なら40,000×70%=28,000円の補償。

 

しかし、もし1日限度額が20,000円と設定されていた場合、支払保険金は1日20,000円となります。

 

ここは要確認ですね!

 

マルチーズにとっての楽天ペット保険のメリット・デメリット

 

楽天ペット保険のメリット

 

  • 満10歳と遅くからでも加入が可能
  • 月額保険料が比較的安く、楽天ポイントが付与される
  • 獣医師への相談サービスが受けられる

 

多くのペット保険では新規加入は7~9歳くらいまでが限度になりますが、楽天ペット保険の場合は10歳まで新規加入が可能です。

マルチーズの寿命が12~15歳ということを考えても、10歳までも新規加入が可能な保険はありがたいですね!

 

しかしこれは年齢が上がるにつれて新規加入の保険料が高くなるので、注意は必要です。

 

例えば2歳のマルチーズであれば楽天ペット保険は保険料が最も安い「手術・入院プラン」へ加入した場合、『1100円/月』から加入が可能ですが

満10歳のマルチーズが楽天ペット保険の「手術・入院プラン」へ加入するには4780円/月がかかることになります。

 

ですが安心していただきたいのは

月額保険料自体は基本的に比較的安く、さらに楽天ポイントも付与されます。

 

楽天ペット保険のデメリット

 

逆に楽天ペット保険のデメリットですが、

 

  • 窓口清算が対応していない。保険料受取には申請が必要
  • 病気の場合は30日の待機期間が発生すること

 

窓口清算に関しては対応しているペット保険会社の方が少ないので、先払いで後に申請という形が本来通常ですが、

やはり手間がかかることと、一時的にでも治療費を全額負担するので、金銭的な負担がかかってしまうことはデメリットかもしれませんね。

 

また、病気に限っての場合ですが、

免責期間というものがあり、

最初の30日は保険対象期間がスタートしても、適応外となります。

 

つまり、契約後1ヶ月以内の病気は対象外なので、要注意です!

 

楽天ペット保険 免責期間

引用:楽天ペット保険 公式HPより

 

マルチーズにペット保険が必要な理由

 

マルチーズ

 

体重2~3kgの超小型犬で運動量が少なくてすむ犬種で、おうちで飼うのにぴったりなマルチーズですが

マルチーズをはじめとした小型犬は、高い場所から飛び降りた際の衝撃や、打撲による影響などが原因となるケガや、血糖値の低下などにも注意が必要です。

 

そんなマルチーズによく見られる病気やケガについて確認しておきましょう!

 

  • 血液の逆流により、咳が出たり心不全を引き起こす僧帽弁閉鎖不全症
  • 水晶体が白く濁って、視力が落ちてしまう白内障
  • 膝のお皿の骨が正常な位置からずれてしまう、膝蓋骨脱臼
  • 血糖値の低下に伴い体がぐったりして発作などを起こす低血糖症

 

 

など、マルチーズは可愛らしい分、華奢な体のため、骨折などのケガや、心臓の病気にかかりやすい傾向があります。

 

病気の治療は、悪質なものの場合は長期に渡っての治療、場合によっては手術も必要になります。

 

そうなると当然、
負担する治療費も高くなってしまいます。

 

少しでも治療費の負担を軽くするために、やはりマルチーズを飼う皆様もペット保険への加入をオススメいたします!

 

マルチーズの保険金請求のシュミレーション

 

(例)2歳のマルチーズが僧帽弁閉鎖不全症になり3日間の入院をした場合

 

治療費は以下のようになります。

 

診察 ¥1,500
検査 ¥15,000
点滴 ¥5,000
注射 ¥3,000
入院(3日) ¥15,000
合計 ¥39,500

 

ペット保険に加入していない場合、

この金額の全額を負担することになってしまい、負担も大きくなってしまいます。

 

もしペット保険の通院付き70%プランに加入していた場合ですと…

 

  • 保険適用額:¥27,600
  • 自己負担額:¥11,850

 

となります。

 

アニコムだと、

「どうぶつ健保ふぁみりぃ70%プラン」

にご加入の場合

 

楽天ペット保険だと

「ずっといっしょ[もっと] 通院つき70%プラン」

にご加入の場合

 

 

またこの場合にかかる月額の費用は、

 

  • アニコム ⇒ ¥2,830
  • 楽天ペット保険 ⇒ ¥1,870

 

となります。

 

 

【ペット保険比較まとめ】楽天ペット保険vsアニコム(マルチーズ編)

 

それではこちらが今回のまとめです!

 

 

サービス内容の充実を重視する方はアニコムを。金額のお手軽さを重視する方は楽天ペット保険を選択することがベストという結果になりました。

 

古くからヨーロッパの貴婦人たちの抱き犬として愛され、愛玩犬としての歴史が長いため、人に慣れやすく、甘え上手なマルチーズは室内犬としていまでも人気です。

 

しかしその可愛らしい小さな体のため、ケガ等のリスクを考えるとペットの保険への加入は必須であることは間違いないですね!